胃癌 | 二股らぢうむ温泉|水の素 株式会社

胃癌

北海道足寄町 男性(68歳)
私は平成14年7月に胃癌宣告をされました。8月1日には胃の全摘出手術を受けました。
手術した時期が少し遅かったので、癌細胞がリンパに入り、抗癌剤の服用を余儀なくされました。
抗癌剤の服用期間は二週間引用して二週間休みというサイクルで服用しています。
服用期間中は抗癌剤の副作用がひどく、食事は胸のつかえと吐き気がひどくて殆ど食べきれませんでした。
それと体のダルさのため運動も出来ず、家の中で長椅子に寝ているのが精一杯でした。
そんな時知人に二股らぢうむ温泉の事を聞きましたが、はじめは「温泉に入って体が良くなるなら病院などいらない」という気持ちがあり、その時は来るつもりがありませんでした。
しかし段々体力も弱ってきて、11月の初めに以前教えてくれた人にまた勧められて「ダメでもともと」と思い、11月24日ここに来ました。
二股温泉に来た当初は旅館の方達に心配され「無理しない方がいいよ」と言われましたが、皆さんの言うことを聞かずに2時間入浴しました。声も出ない状態でした。
1時間は露天風呂、1時間はプールで運動して過ごしました。
夕食はどうしても食べられず心配されましたが、なんとか初日は床につきました。
翌日からは旅館の方がアドバイス通り1日最低6時間お風呂に入って、運動したり温泉水を飲んだりと、毎日その繰り返しをしていました。
3日目の昼、お風呂に入って後から来た方に挨拶をした時に自然に声が出ました。
ずっと声が出ない状態だったので、その時の事は未だに不思議です。
旅館の方に聞くと、以前喉頭癌のお客さんも殆ど声が出ない状態だったのが、入浴前に温泉水を必ず飲んでお風呂に2~3時間入浴していたら、わずか2日で声が出るようになり、カラオケまで出来るようになったと聞きました。
それと私自身、胸のつかえ・吐き気もなくなって食事もおいしく食べられるようになりました。
本当にこのお風呂は不思議です。
便秘もひどくて苦労していました。普段は薬を飲んでいましたが、こちらに来てから2日で自然に出ました。もちろん薬を飲まずにです。
現在は毎日快調です。体重は2kg落ちましたが、体力はついてお風呂場への階段も休まずに上がれるようになりました。
お風呂場では他のお客さんと話をして、病気が治った方の話を色々聞くことが出来ました。
私と同じように癌と診断されて湯治したら癌細胞がなくなって完治した方、お父さんが癌でその息子さんが炭酸水を飲ませていたら癌が完治していたりと驚く話がいっぱいでした。
このお風呂は本当に私の体に合ったのだと思います。
只今療養中ですが他の方達の話を励みに、これからも二股らぢうむ温泉に来たいと思っています。
みなさんも騙されたと思って是非来てみて下さい。たくさんの人達に試してもらいたいです。
北海道札幌市(58歳)
私は、17年前、胃癌で全失の手術をしました。
手術後は食事も思うように取れず体力も回復せず困っていたところ、知人に二股らぢうむ温泉を紹介してもらいました。
最初のうちは、札幌から日帰りで入浴を約1ヶ月続けました。
その後は宿泊で湯治するようにし、そのおかげで体力もつけることができました。
現在は毎年春と秋には、かならず5日から一週間は何があっても二股へ、と心に決め宿泊しています。
そのためでしょうか、現在、骨粗鬆症で薬を飲んでいますが、ここに来ると自然と体中にカルシウムが蓄積されるようで、心身ともに健康になります。
また更年期も1人前にありますが、二股のお風呂に入ってのんびりしたり、編み物をしたり、お客様とお話したり、人生の話を聞いたりしていると、とても楽しく、また参考にもなります。
今は二股のおかげで胃癌で胃を全失したとは思えないほど、普通の方よりも食欲があり、毎日元気に主婦業をしています。
自慢ではありませんが、誰が見ても病人には見えません。
これからも自分のためです。二股らぢうむ温泉は、私の宝です。
健康が何より…